きものよしなに

還暦間近で着物熱。余生の限り楽しみたい!

レトロな薫り馥郁と

 

好奇心から、和裁に関する古い雑誌を落札しました。

 

まずこちらは昭和24年発行。

 

f:id:tokoton007:20181106175049j:image


f:id:tokoton007:20181106175046j:image

 

口絵は絵ではなくこれでも写真。まだ印刷技術が未熟だったのね。モデルは人気の女優さんらしい。


f:id:tokoton007:20181106175043j:image

イラストは、口で吹く霧吹き。家庭でも普通に使ってたのね。和裁の様々なことが詳しく、布団の作り方まで載ってて興味深い。

 

そしてこちらは昭和10年発行の雑誌。母が生まれた頃のもので、母が面白がるかなと思って入手。もうバラバラで、触れたら崩れそうなくらいに風化してる。


f:id:tokoton007:20181106175037j:image


f:id:tokoton007:20181106175031j:image

 

こちらも面白くて、色々な縫い方についての上手な針目、下手な針目の写真?図?が載ってるの。で、この「不良」の針目が、私の針目にソックリだわ〜となるかと思いきや、なんと私の針目よりちょっと、時にずっと上手いという。

 

いやはや、  _| ̄|○  ガックリですわ。

 

でも独学でもできそうな感じに詳しく書かれていて、たくさん教科書を持っているけれどさらに凄く勉強になりそう。旧仮名遣いで読み難いけれども、それでも実に面白いわ。

 

どちらもとにかく脆くなっているので、私の定位置の机の上のすぐ手元に大事に置いて、大事に丁寧にめくって見てる。少し動くたび空気が揺れて、その度に芳しい、レトロな薫りが鼻先に漂ってきている気が、、、

 

と思ったんだけど、もしかするとそれは本以外の薫りも混ざっていたかも。

 

f:id:tokoton007:20181106181543j:image

 

今年はカメムシ大発生でホント大変です^^;

 


にほんブログ村
 ←お気が向きましたら、、