きものよしなに

還暦間近で着物熱。余生の限り楽しみたい!

帯揚げがいとも簡単に

 

昨日記事にした、簡単な帯揚げ結びのための案。ちょこっと試してみたところ、いとも簡単に整いました。

 

f:id:tokoton007:20181020191033j:image

結び目作るより簡単スッキリな、「いりく」です。

 

f:id:tokoton007:20181020191039j:image

長さを短く畳んで、縦にも三つ折りをさらに二つ折り(つまり六つ折り)にして綴じ付けてみました。これを差し込むだけで、ズレることもなく出来上がり! なんとまー!!

 

f:id:tokoton007:20181020191046j:image

やり方は上の画像のように。長さをまず畳んで綴じ付け、それから縦に三つ折り→二つ折りして綴じ付け。途中で帯枕の紐を出すようにしています。これをしないと脇の所で帯枕の紐が見えたり^^;)。

 

長さは、帯枕の真ん中からとりあえず55センチ(全長110センチ)にしてみました。50センチでも出来たけどもう少し余裕がほしい感じだったので。結ぶのだったらもう少し長くすれば良いのでは。

 

また厚みが出すぎる場合は最初の長さの二つ折りをやめて、中心部を折りたたんで長さ調節するか、柄によっては長さを切ればいいのだと思う。

 

その後ネットを頑張って探し周り、同様の工夫をしている方を三名発見。おひとり目はこちら。

ameblo.jp

 

販売されいてるプロの方!真ん中に太いゴムがつけてあり、結ぶと体にぴったりくるのでしょう。帯枕の紐はどうするのか見えないので実物を購入したいのだけど、通販はなさそうで残念!

 

二人目はこちら。

ameblo.jp

 

丁寧に説明されていてすぐ作れそう。帯枕の紐を通すところは作られてない様子。落ち着いて整えれば見える事もないのでしょうね。 あと、私のと同じ110センチで結んでらっしゃいましたわ、、自分の太さを痛感。

 

もうお一方おられたのだけどサイト閉じてしまって発見できず。こうしてみると、同様の工夫をされている方は多分たくさんいらっしゃるのだわ。本来の結び方が出来るのが一番なのだろうけど、私みたいに苦労するならこうした工夫を取り入れていいよね。だって、帯揚げ上手くなるまで練習してたら、寿命が来てしまうよ~(TдT)

 

 


にほんブログ村
 ←お気が向きましたら、、