きものよしなに

還暦間近で着物熱。余生の限り楽しみたい!

麻から木綿へ、でもお尻や膝が抜けるのが嫌なの~

 

9月なので気分は麻から木綿。持っているのは全部で五枚、保多織、しじら織り、久留米紬、伊勢木綿、あと正体不明のもの。今日は一番軽やかで出しっぱなしの保多織で過ごした。

 

保多織:前回アップした画像)

f:id:tokoton007:20180706165357j:plain

 

縫い付け半衿に下は肌着なしの和装ブラのみ、後ろコーリン、伊達締めもなく直にゆるゆる半幅帯。ほぼ極限に近い身軽な着付け。快適、楽ちん!

 

でも木綿て、着てるとお尻や膝が抜けるでしょう?あれ、かっこ悪いよね~。家の中で一日着てると、座ってる時間が多いからもう避けようがない。居敷当て?しじら織りに付けて貰ったけど全然効果なかった。せっかく縫ってもすぐにライン崩れると悲しい。

 

そんな中、ネットを彷徨ってたら、見つけたぁ!

 

mbp-japan.com

 

プロの着物屋さんによるコラム、その中に有力な情報がー!

 

 

いろんな木綿の着物を着てみましたが、織機織りでは『片貝木綿(かたがいもめん)』がヒザやお尻が抜けることもないのでおすすめです。

 

 

「片貝木綿」が膝が抜けない、だって!! きゃー!

 

片貝木綿なら反物のストックが2つある。でもその2つ、手触りが違うんだけど片貝木綿て全部織機織りなのかな。ひとつは手織り、ってこともあるのかな。わからんな~、でも早く縫って、試したい!

 

あと遠州木綿がしっかりしていると聞いたことがある。これも気になってる。一枚は縫ってみなければならぬぞ。

 

おうち着物を続ける限り、一番知りたい「膝が抜けない着物」情報。今後も鋭意調査継続予定。和裁の腕も上げなきゃね(^_^;)

 

 


にほんブログ村