きものよしなに

還暦間近で着物熱。余生の限り楽しみたい!

伊達締め無し、コーリンベルト1本にしてみたら

 

一時の、殺人的な暑さは収まっとは言え、まだ33~34度の日が続いている。エアコンを掛けてても(27度設定)少し動いていると汗ばんでくる。ことに着物を着ていると。

 

それで、更に涼しくするために、腰紐の他はコーリンベルト1本使うだけで着付けてみたわ。愛用のすずろベルトは無し!

 

あれ、幅広でゴムメッシュで、装着が楽だしゴムの摩擦で着物をしっかりグリップしてくれる優れもの。メッシュなので多分通気性もかなり良いはず。それでも、部品としては一つでも少ないほうが良いに決まってるんだわ。

 

それで、小千谷縮の着物に腰紐(すずろ腰紐)をした後は、コーリンベルトで衿を止めるだけにして、身頃フワフワに浮いた状態の上に、いきなり麻の半幅帯を巻いてみた。

 

結論:胴回りはコーリンベルト1本でいける。

 

問題ないわ。思った以上に困らない。本麻の縮着物に本麻の帯。それ自体が摩擦が大きいからでしょうね。そりゃ、動いている内に脇の布が出ては来るけど、おはしょりで引っ張れば良いのはいつもと同じ。多少は出易い?そうは感じないけど、たとえそうでもすずろベルトをしない快適さのほうが上回るならこれはしたほうが良い。綿着物、綿の帯でも大丈夫じゃないかしら。絹でも、真綿紬のようなほっこり系だと大丈夫な気がする。

 

あ。真綿紬の時期は、涼しく着る工夫をする必要は無いのか!忘れてたー。 

 

 

すずろ腰紐  メッシュ腰ひも〔フリーサイズ〕【メール便OK】

すずろベルト M 《メール便対応》

 


にほんブログ村