トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

突然、自然菜園。

半月以上もブログをお留守にしてしまった。

 

もうねーー(TдT)

 

着物を楽しむ時間が全然なくなってしまった。それは、タイトル通り「自然菜園を始める」ことになったから。

 

唐突に、荒れ放題になってた元農地の管理をしなくてはならなくなり、全責任が私にのしかかってしまった。どうする?鍬も鋤も、生まれてこの方持ったことは無いのに。畝上げって何。輪作って何。何もわからないよぉ~~(TдT) おまけに土地が130坪もある。広い。広すぎる。これを全部、畑に戻せって?どうすればいいの。

 

取り敢えず、地面も見えないほど蔓延っていた雑草に3日掛かりで除草剤を散布(今考えると薬撒いたのは後悔)、一面枯れて茶色になった枯れ草をメリメリと地面から剥がしては隅に運んでいく。枯れ草の山がうず高く積まれていく。薬で枯らした草の山、なんか嫌だ。

 

一部地面が出てきたところで、畑の形を作ることにした。既に5月半ば、春植え野菜の時期の限界が迫っている。春植えを逃して秋から栽培を始めるとなると、その間にきっとまた土地が荒れ、雑草が一気に勢力を盛り返して元の木阿弥に。考えただけで恐ろしい。必死にあれこれ考えて、私にも出来る可能性の少しはありそうな、耕さない『自然耕』の自然農法を選択。その第一人者が竹内さんという方で、本を三冊も買ったわ。

 

 

自然農法は耕さない。除草せず、雑草は刈ってマルチ材に使う。自然の草、虫、微生物、それらの循環の中で無理をせず野菜を育てる。理想的。でも幻かも、、、、。

 

ともかくやると決めたらやらねばならない。初日は日中5時間の労務で生まれて初めて熱中症になってしまった。急にふらつき始めて、変だなーと思っている内に、酷い頭痛と吐き気。持ってたタンブラーのお茶を飲んだけど治らず。更に水分を求めて近くのセブンでポカリスエットを購入、車に冷房を入れたまま、水分を取りつつ1時間、ようよう落ち着くことが出来た。年取ると喉の渇きにも気付かないって言うよね。ほんと気をつけないと。

 

それに懲りて、その後は夜明けとともに作業を始めることにしたわ。今の日の出は5時なので、4時半に車で家を出る。そう、その畑って車で30分離れたところにあるの。毎日車に鍬やらショベルやら鋤やらバケツやら堆肥やら積み込んで。

 

4時起きでのやったこともない耕作は、もう汗だくになって流石に草臥れる。最初の2,3日は学生時代以来の筋肉痛になってしまった。帰宅してシャワー浴びたらぐったり、睡魔が襲ってきて着物着たくても着るどころじゃない。

 

着物着たいし縫いたいし。なのに突然こんな生活になるとは、、、。今後はド素人の、おそまつ自然農法挑戦ブログになってしまうかもしれない、、、(TдT)