読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトンが好き。

印象の 薄い悲しさ

日々

私は、人に覚えてもらえない。

 

余程特徴のない人間なのだろう。これまで、本当に呆れるほど、覚えてもらえないのだ。

 

昨日も、昼前に出かける時、3階下のご夫婦とエレベーターに乗り合わせた。

二人共と、それぞれにこんにちはと目を合わせて挨拶をした。

 

あれこれ用事を済ませて夕方車で戻って来ると、私の後ろについて駐車場に入って来たのはまたもやそのご夫婦。面白かったので、車から降りたご主人に「お出掛けもお帰りも、一緒になりましたね」とニッコリしながら声を掛けたら、「あ、そうですか?」だって(/ _ ; )

 

10年も同じエレベーター使ってるご近所さん、しかもほんの5.6時間前に挨拶交わしたのになあ。でもほんと、大抵の人がこんな感じで私を覚えてくれない。

 

まあ目立つより良いかな、、でも美人で目立つなら、その方がいいけどな、、あ、逆で目立つ場合もあるかもしれないから、それならやっぱり地味で目立たない方がいいか、、今日もそんな感じで、自分を慰めるのだった(T-T)