きものよしなに

五十半ばで着物にはまる。四方八方楽しみたい。時間が足りない、大変だ!

DIYで押入れ・クローゼットのカビ結露対策を試みる

我が家、一昨年大規模リフォームをしたんだけど、あんまり良い業者じゃなかったこともあり不満なところがたくさん。今頃になって壁紙がぼこぼこ浮いてくるとかね。修繕も、すでに壁紙が廃盤で出来ないみたいなことを言うのよ。似たものをしても却って目立っておかしくなるって。

 

そりゃそうよね。面積が広いから全部を交換しろと言う強さもなく結局は泣き寝入りなのよ。元はと言えば、張替え前の下地処理がいい加減だったせいなのに。そんなこともあって、自分でできるリフォームは出来るだけ自分でするのが納得がいくものだとつくづく思った。

 

それで、いま不満に思っているところの内、何が自分の手に合うか、DIYの本を買ってじっくり考えてみた。下の本、DIYばりばりやってる女性がブログでおすすめしていた本で、初心者にもわかりやすくてなかなか勉強になる内容。

 

 ←Amazon


で、この中に押入れの結露対策が載ってたの。そうだ。私の部屋の作り付けクローゼットがいつも湿っぽくて、服やバッグがいくつカビになったことか。できるだけドアを開けておきたいけど、向かいのマンションから丸見えだし。除湿機を据えてみたけど24時間年がら年中かけっぱなしというわけにもこれまたいかないし。

 

以前リフォーム会社に相談した所、なんだか高い機能性タイルを張りましょうと言われたけれども、それは本来目に見える場所に使う結構高級な内装材。見えないクローゼットにどれだけお金をかけることになるのか、馬鹿らしいわ、、と思って止めたことがある。

 

しかし今回の本には、発泡スチロールのボードを張り詰めるだけと書かれてた。そうか!それでいいんだ!確かにこのクローゼットはほぼ2面が外壁コンクリートに接していて、その面を触ってみるとはっきり冷たい。この2面をスチロール材で覆うだけで違ってくるなら、そりゃぁやってみなければ。

 

資材はいろいろ検討したんだけど、結局一番扱いが楽そうで安いワイズ SX-001 アルミ湿気シャットパネルに決定!

 

昔はもっと大きなサイズもあったらしいけど今はこのタイプオンリーみたい。でもまあきっちり組み合わされるみたいだし、結構凸凹があるクローゼットなので、カッターで切り貼り?しながら工作が必要だしね、これで大丈夫だと思う。とりあえず10セット(30枚)注文。壁紙の上から貼るつもりで、強力両面テープで行けるんじゃないかと思ってる。駄目なら用途にあったボンドを買うわ。

 

 だけど一人での作業。クローゼットの中、物が溢れてるので(これも通気性が悪くなる原因のひとつだ)それをまず全て運び出すのが大変だ、、、あ~ ちょっと憂鬱~。でも10年来の悩み解決のためだもの。ちょいと頑張ろう。

 

<*補足 2018.6> 

 

やってみましたよ。
クローゼットの三面を、アルミパネルで簡単に覆ってみました。両面テープで簡単にやったので、作業時間はものの30分位、パネルも軽いので女性一人でらくらくだったわ。

 

結果、効果絶大です~!

 

もちろん触っても外壁の冷たさは伝わってこない。そのため壁面が湿っぽくもならない。その後1年様子を見たけど、衣類のカビ被害、ゼロを実現!!!!

 

なんで早く思いつかなかったのか、、、。 数千円で長年の悩み解消。私同様に、結露によるカビに悩んでいる人はまず試して見る勝ちがあると思います。