読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

いじわるな日本人

ここのところ確定申告で連日着物に触る気にもならず。着もせず。そんで、久々に今日着付けてみたらなんか要領が悪くなってた(^_^;) 楽器とかと同じで、毎日着ないとおっくうにもなり下手にもなるんかもしれないわ。

 

日中は着物に触れなくても、夜更け布団の中で寝付くまでの僅かな間、着物関係のサイトやらを覗くのが密かな楽しみでもある。昨日は2ちゃんねるの中に着物スレを見つけて喜んでみていたのだけど、、、

 

途中から、ある着物ブロガーさんに対しての酷い中傷の嵐になってしまってた。気になって見に行ったら話題のご本人、本当に着物が好きみたいでとにかく着物三昧な40代と思しき方。しかもとびきりの美人!これだけでも大方から嫉妬されるだろうけど、その趣味が極めて個性的でクラシックで前衛的で、、どっちだって話だけど、とにかく大正ロマン元禄を合わせたような、美人でなければ絶対できないコーディネートなの。私なんか逆立ちしても着られないけどファッション的にはちっとも可笑しくない。雑誌で若いモデルが着てれば何とも思わないかもしれないし、中には私も着てみたい!と思うものもあったもの。しかも多くは本当にお安いリサイクルものや戴き物で、小物類はプチプラを器用に手作りとかしてすごく上手に楽しんでいる。まさに主婦の鑑的な。それをまあ、他人がなんと口汚くこき下ろし罵ること。その人の過去まで漁って人格から出自から、、。

 

着物に興味ある人は多少普通の人より奥ゆかしくて思慮深く、精神的に大人な人が多いはず、そう思っていたのだけどね。全く思い込みだったわ。

 

人間、匿名となるとあんなに醜くなれるものなのだろうか。本当に、関係ないのに、その人達と同じ着物に興味を持っていることに嫌悪感さえ抱きそうな、そんな気持ちになってしまった。伝統の衣装だけに保守的な人が多いというのはあるかもしれない。お茶のような形式と切っても切れないものでもあるし。でも、同時にファッションだから。その人の、あの思い切った着物の楽しみ方は私には正直羨ましいし、楽しいと思う。東京なら同じような洋服ファッションの人は掃いて捨てるほどいると思うけど、着物だとなんで途端にあんな言われ方をしなきゃならないのか。着物を愛する人たちが、普通の人より余程偏狭で嫌な人達だなんて悲しすぎる。ああ、もしかしたら着物を着る少数派ということが間違った優越感となり、彼や彼女らを高慢にさせているのかもしれない。それと、彼女の美しさが許せないのか。。情けないこと。

 

都会ならまだしも私が住んでる町は地方だから、到底彼女のように本当に好きなものを着るということは逆立ちしても出来ない。特に最近は一番の繁華街でも寝間着ですか?って格好の人達がうろついているようなところだもの。私の好みって本来はかなり個性的なの。若い頃からバーゲンでも最後まで売れ残るような色柄や奇妙なデザインのものに惹かれてた。今は更に年を取ってしまって、到底自分が本当に着たい柄行の着物を着る勇気はない。だって、あんな美人でさえチンドン屋扱いだよ(チンドンやさん、ごめんなさい)

 

どうするっかなぁ、、、 私今、着物を着ていたくて仕方がない。でも、地味に着ていてもいじわるな日本人からはどうしたって厳しい目で見られ、コーディネートや着付けをチェックされて見下されるのだろうな。面と向かっておばさんたちから言われた経験者ってかなりいるらしいし。そんな恐ろしい実態を2ちゃんで見て、本当に落ち込むわ。件のブロガーさんは慣れてるみたいで(美人の強みも多分ある?)文章も軽妙で面白く、何も気にせず堂々と楽しんでいる様子だけど私はノミの心臓だし。日本人て優しいと思ってたけど、違うね。悲しいね。