読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトンが好き。

セイコー/SEIKOの古い腕時計修理

日々

娘にねだられて譲ることにした私の腕時計。

 

33、4年前に買ったもので、サブだったのであまり使ってなかった。今と違い、昔はエレガントなデザインの時計が多かった気がする。最近の女性用の時計って、相当高価なものでもなぜか画一的で無骨なものが多いんだよね。時計に限っては現代ってデザイナー不足なんかしら。

 

で、この私の時計は当時3万円台。さりげなく優雅で美しいと思う。電池さえ交換すればすぐ使えるだろうと、電池を買って来て自分で交換してみたところ、何故か動かない。あれ、なんで?水没させた記憶もないし、内部にも怪しい鯖とか出てなかった。むー、放置しすぎて壊れちゃったのかな。

 

でも見た目は全く綺麗だし、当時の私と同じ年頃になった娘が使ってくれるとなると捨てるには惜しい。調べるだけ調べてみよう、とネットで検索してみると、SEIKOの公式サイトで修理受付をしていることを知った。

 

部品保存は基本10年、33年も前のものはどうかと思ったけど、裏蓋の記号を入力すると間違いなく同じものが出てきて今も修理を受け付けているらしいことがわかった。おーすご〜い!修理を申し込めば、宅配業者が専用の配送キットを持ってきてくれ、その場で梱包、発送。SEIKOではその時計を確認して見積もりを出してくれ、オーケーすれば修理に掛かるというシステム。

 

ちなみに私の時計の修理費は全て込みで18500円程で、街の時計屋さんでは2万かかるかもと言われたから相場なんでしょうね。今時ないデザインだし、その値段で新たに気にいる時計を見つけるのは難しいから迷わず修理を申込み。

 

その後年末年始挟んで実質10日くらい?今日、修理完了のお知らせが。良かったわー!

 

f:id:tokoton007:20170113153925p:image

 

時計って、安いのもたくさんあって時間だけ知りたいなら機能は十分だし使い捨てみたいなものもたくさんあるけど、ちゃんとしたメーカーの時計はいざという時も安心なんだと改めて思った。メッキもしっかりしていて輝きも買った時そのままだし。

 

それにしても33年も部品が保管されてたのはラッキーだった。戻って来てちゃんと動くのをみるのが楽しみだわ!