読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

日本の下着 これが湯文字だ!

たいそうなタイトルをつけるほどのものではないけれど、先日のお手洗いでの、和服での用足しでの失敗にショックを受け、本格的な日本の肌着、湯文字を作った。

 

作り方はネットで簡単に見つかった。晒しを使ってちくちく縫ってたけど、強度が必要で、特に長い部分は何重にも縫う必要があり埓があかないので止むを得ず1年半ぶりにミシンを出して。

 

ミシンて難しいわ、糸こんがらかるし。でもまあ私の拙い手縫いよりは確実に早い。で、出来たのがこれ!

 

 f:id:tokoton007:20170106095355j:image

 

腰が当たる部分には晒を重ねてあって、力布の長さは185㎝.下がり部分は135。だいだい標準サイズがこのくらいらしい。私はMLサイズなんでもう少し大きくても良いのかな?

 

これを下腹部とお尻を引き締めるように力布を巻き付け、端を後ろに入れ込んで固定させるんだけど、、なんか、YouTubeでやってたみたいには上手くいかない(>_<) 上の部分がどうしても緩くなる。

 

腰の一番出たところって、太ももの付け根辺りを上端にすると全体が下すぎるし、少しでも上に持ってくると、上の部分は緩くなる。晒だから少々緩くても摩擦で簡単には落ちないけどね、こりゃ着物の着付け以前に、湯文字の着付けをマスターしなきゃいけないかも?

 

でもちゃんと巻けると、コルセットも同様のものなので腰のラインがかっこよくなるの。なので是非ともこれを使えるようになりたい。お手洗い対策よりもむしろそっちの目的の方が大切な気がしてきたぞ^^;

 

木綿 湯文字 M・Lサイズ【クリックポストOK】 ←楽天で1900円。