トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

湿布薬の経済的有効利用

あー肩がこる背中がこる首がこる。

 

上半身のコリはもう異常。「いつの間にか骨折」を起こしてて神経を圧迫しているのかもしれない。運動不足はもちろんだけど、この状態じゃ運動も悪化につながるのではないかと思ってしまう。一度受診したほうがいいかもな。

 

そんなだから、湿布が手放せない。かぶれやすい貰うのはかぶれが少ないものなんだけど、それでも連続使用や体調とか?何かの拍子にすぐかぶれてしまう。

 

それで、必要な部分にだけピンポイントで使うようになり、今では必ずこうするようになった。

 

f:id:tokoton007:20161227122414j:image

 

湿布の分割。これはまだ大きめ。二分割してるのを三分割位がよく使うサイズかな。

 

これ、とっても良いのよ。無駄が無いし不必要な部分への肌の負担がない。貼る位置を少しずつずらしていけば、広めの部分にもかぶれさせることなく連続的に効かせられるし、薬の消費が少なくなるから持ちも当然良くなる。特に自分で背中に、失敗なく片手で貼れるのは超スゴイ(実際にやってみれば分かる)。

 

そのために必要な作業としては、小分割して分離した透明フィルムが無くなった部分は使いにくいのでそこは自作すること。

 

f:id:tokoton007:20161227122902j:image

 

↑こうやってカットね。カットしたフィルムは元どおりに貼り付ける。1枚目の画像での右下のパーツがそれで、フィルムを戻したのが判るようにずらして貼ってある。実際は、粘着面にぴったり戻して出来上がり。

 

昔の漫画やドラマで、お婆さんが頭痛止め?にコメカミに小さな絆創膏貼ってたけど、、(^o^) アレに近いかな? でもほんと、便利だから。亀の甲より年の功。実感!