きものよしなに

五十半ばで着物にはまる。四方八方楽しみたい。時間が足りない、大変だ!

初めての裄出し

これ、東レのシルックの袷着物。

f:id:tokoton007:20161226154208j:image

丸洗いできるポリエステルだけどかなり正絹に近い手触りのもので、使いやすい。

 

ただし例によって裄が短い。そのうち裄出しもできるようになるだろうと買っては見たものの、柄が派手過ぎ。でも直しておけば渋い帯を合わせて何かの時に着られるかもしれない。ということで、練習のつもりで挑戦してみることに。

 

目標は5センチ出し。 袖幅全体を2センチ出し、肩幅を3センチ出す。幅出しの目安となるように元の縫い目に糸印をしていざ、開始。

 

あうう、袷って単とは比べ物にならないくらい難しい。裏地がギリギリだったこともあってこんな単純な作業なのに難航、やり直し。足かけ2日掛かりでやっと片袖完了( ;´Д`)、、ひいい、、、

 

でも初めての柔らか物だったのに、お陰で画像のようにちゃんとまともに長くなった。これなら袖口が寒々しくないや。

 

片方やったらもう片方もしないわけにはいかないからね。今日はまずは残りの袖を外すところまでする。順調なら明後日には完成するはずだわ。

 

それにしても袷って難しい。独学の和裁の方は、本に従って一歩づつと思ってるんだけど、尻込みしてないで袷もどんどん挑戦していくべきなのかもしれない。