読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

着物姿を見られちゃった

 

前回の記事で、新年の食事会に着る着物がないって書いた。

 

これ、ほんと。でも、そう言いつつも、もしかしたらどれかの着物で出かけることになるかもしれない。それは確かに望んでいたことで、そうなれば嬉しいに違いない。ただ他にも困ったことがあって。

 

実は、私、いまだにお太鼓をまともに結べないのだ。ああ、ああ、憎き帯結び。なんであんなに難しいの。どう考えてもおかしいでしょ。生活に根付いた衣服を着るのにあんなに苦労しなくちゃいけないなんて。帯なんか、子供用のフニャフニャ兵児帯の蝶々結びで良いじゃないの。

 

しかし、どんなに悪態をついても世の中を変える力は私にはない。着物で外出するためには、お太鼓くらい当たり前に結べなきゃ都合がわるいのだ(半幅帯っていう普段使いの帯ならなんとかなるようなきがするんだけど、それじゃダメだ)。

 

それで、きょうは朝からお太鼓結びの練習。これまでは、秘密兵器のあづま姿を使ってた。

 

これね。これは、帯を傷めること無く結ぶことが出来る小道具で、確かにお太鼓がちゃんと出来る。両手を無理して背中に回す必要もなく、間違いなく毎回同じように結べるのでそれはたいそうな助けになるのは間違いなくお太鼓結びに不安のある人にはおすすめできるもの。

 

ただこれで結んだお太鼓は、きっぱりとしてとても若々しい。綺麗だと思うけれど、私のように気分だけは若くてもそれなりの年齢になると、もう少しこじんまり控えめなほうが奥ゆかしい雰囲気を醸し出せる気がする。それで今日はこれを使わず、本来の帯枕と紐で挑戦。着物は最新のウールの縞、半襟は手拭ドット柄を両面テープでセットしてちょっと気張ってみたんだけども。

 

そしたらまあ、悪戦苦闘だ。結局1時間も戦い続けて、やっとこさ形になった。帯揚げも使わず、帯枕むき出しだし帯締めの結び方をこれまた知らないのでお腹の前でちょうちょ結びという体たらくだが(^_^;)

 

それでも、ちゃんと結べたという満足感で上機嫌だったところにいきなりチャイム!ゆうパックの配達だ!うひゃー!

 

まあ、裸なら居留守を使うけれども、着物コスプレで一応肌は隠している。忙しい年末に、再配達を頼むのも忍びないでしょ。仕方なく、オドオドしながらドアを開けたわ。配達員のおじさん、特に反応することもなく、普通に荷物渡してくれた。ああ、しんどー。

 

着物姿、初めて家族以外の人に見られちゃった。これを機に、玄関から出てマンション一階のポストくらいまで行けるようになれたらなあ、、、なんて思ってたら今度は電話が掛かってきて、ちょいとご用のお馴染みのお客さんが今から来るって事になってしまった!えええー!宅配員はともかく、知ってる他人に見られるなんて!

 

電話を切るや即、帯も着物も一気に脱ぎ、普通の服に着替えた。私の着物道。精神面もまだまだだ、、、。