読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

ビリケン新モス来た!

待ちかねていた、ビリケン新モス。衿の、縫い代の無い中央に置いて厚みの調整をするもの。

 

f:id:tokoton007:20160918142805j:image

 味があるわあ。でもなぜビリケン

 

着物の余り布があればベストだけど無いときに新モスを使う。らしい。

 

手芸店では売ってないからネットで注文、なかでもビリケン新モスって若干お値段良くて普通なら敬遠するんだけど、どうやら信頼の置ける品らしい。高いとはいえ倍するわけでなし、ひとつ買えば21mもあるから長く使えるでしょ、てことでこちらを注文。

 

とにかくこれがこなくては襟付けが進まなくて、ここ二日和裁を中断していたのでさて、縫うぞーと机について和裁の本を開いてみると、、、「事前に水通ししておきます」って、、、。

 

そうだ。そうだよ。着物の生地の時にはあれほど最初の水通しに躍起になるのに、新モスの水通しは全く頭になかった。着物をじゃぶじゃぶ洗いたいなら、すべての布を水通ししておくのは当然のことだ。

 

そうして新モス25x11にカットしたものを取り敢えず水に漬けた。すぐに続きに取りかかれると思ったのに、明日以降に持ちこしだ。