読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

ウール着物の背縫いは

f:id:tokoton007:20160912002549j:plain

紫のウール紬。

前日記事にしたように、型紙を作ったおかげでしるし付けが簡単!

一作目の前回に比べてスピード感が違う。この調子では、たとえ運針が出来なくとも一日で単衣着物が縫えるようになるのではという妄想まで抱き始める始末。

 

ところで、袖縫い→内揚げ縫いの次は背縫いなのだけど、一作目は夏前に誂えたしじら織りの単を参考に袋縫いにした。今回は本に従って背伏せにしようと思いつつも注文し忘れていたため手元に無くて進めない!せっかくのスピードが、頓挫。あー!

 

仕方なく、古い和裁本に載っていたウール着物の縫い方の頁など暇つぶしに眺めてみると、、、あれ、ウール着物の背縫いは二度縫い、となっている。え(゚д゚)?

 

検索すると、本当だ。ウールの場合は背伏せじゃなく二度縫いと書かれているのを複数見つけた。厚みを嫌うからかな。薄物は背伏せでウールは二度縫い、と書かれているのがあったり、そういえば元々は叔母の手による祖母のこの楊柳の麻(綿麻?)着物もシボがある分手触りは厚手で背は二度縫いだった。

 

f:id:tokoton007:20160909231300j:plain

 

背縫いの種類の使い分け、和裁士をしていたという叔母に聞けばすぐ判るのに、先月亡くなってしまったからもう訊けない。もう数年早く着物に興味を持ち始めていればなあ。

 

ネット情報を集めた結果、しっかりして縫い目が強そうな生地は二度縫いでよく、デリケートな布は背伏せが良い、と判断。

 

とにかく背伏せ布がなければ背伏せで先には進めないわけで。今回の布がすごくしっかりしていることもあり二度縫いすることにした。二度縫いというのは、まず仕上がり線をぐし縫いしてから3ミリ離して縫い代を縫う、というのと、二度目に縫うのは耳から4ミリの部分、と書かれている2つを発見。今回、縫い代は8ミリなので、どちらにしても問題なさそう。

 

更に、ウールの居敷当てにはキュプラが良いと書かれているのでユザワヤで買ってこよう。ユザワヤ、新モスは置いてなかったけどキュプラなら洋裁生地だから手に入るよね。楽しみ!