読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

神経質なかた?

ヤフオクが面白くて、連夜あれこれ物色するのが習慣となってしまったこの頃。決まって書かれている文言がどうにも気になる。 「神経質な方は、入札をお控え下さい」 っていうアレ。 「経年感、使用感、シミ、汚れあります。カビ、保管臭あります。神経質な方…

いつ着物を着るのか

すっかり秋の雰囲気になり、着物には良い季節。自分サイズの着物も出来て、帯は半幅しか結べないとは言え着たくてウズウズするし、着物ライフを始められるのに、ああそれなのに。なかなか着られない。 着ている時に宅配の人が来たらどうしようとか、お腹が痒…

嬉しいプレゼント

昨日解いた袷の八掛、外してみて生まれて初めて目にした「伸子張り」の跡。 洗った布に、小さな針のついた竹ヒゴ(伸子しんし)を何本も等間隔に刺して風に当てて乾かす。テレビで見たことはあったけど実物は知らず。なので、今目の当たりにして、妙に感動(…

袷を解く

叔母の手による祖母の大島。 お茶を派手にこぼしたのか、年代物のひどいシミは専門店でもシミ抜きは無理と言われた。しかしこのまま持っていてもどうしようもないのだ。それで家で濃い色に染め変え、自分サイズに仕立ててみようと思い立った。 まずは、バラ…

和裁練習、またまた躓く

昨日の生地にした、綿麻の洋服生地。 水通ししたら、ものすごく縮んだ! 縦は2%くらいなんだけど、横が10%?ええっ? 横は対して縮まないだろう、と思ってキッチリ記録してなかったのが間違いなんだけど、しかし108センチ巾の生地なのに洗濯後は101セン…

綿麻の洋服地ゲット

急に涼しくなって、麻混の洋服生地がセールになってた。1m580円。 白とベージュのチェック柄、フワフワ柔らかくていい感じ! 実は、今度はこれを縫おうと思っていた真綿紬のコレ(水通し中の画像) が、思いの外薄くて単はちょっと無理っぽい。まだ袷は…

キュプラ水通しの前と後

そこらへんに放っていたキュプラで洗濯による縮み実験をしてみた。おしゃれ着洗剤によるささっと洗いまたは家庭用ドライクリーニングを想定して単に水に5分間漬けておいただけ。 下が洗濯前と同じ状態の布、上が水通し後。 耳から耳方向は54センチから53セン…

また失敗 キュプラの肩当てと居敷当て

自宅で洗濯できる着物を作りたいと思っている私。現在製作中のこのウールの肩当てと居敷当てに、ウールにはキュプラという言葉を信じてそのままキュプラを利用した。 ところが。今になって「キュプラは洗濯に適さない」という事実を知ってしまった!! が~…

ビリケン新モス来た!

待ちかねていた、ビリケン新モス。衿の、縫い代の無い中央に置いて厚みの調整をするもの。 味があるわあ。でもなぜビリケン? 着物の余り布があればベストだけど無いときに新モスを使う。らしい。 手芸店では売ってないからネットで注文、なかでもビリケン新…

半衿とふき裏のコーデ

昨日の記事で、半衿とふき裏のことを書いた。今日は一日かけて、それを作ってみた。 昨日の手拭いじゃなくて手芸店ワゴンのはぎれだけど。 ふき裏は、余り布の関係でこの細さ。それでも着物の汚れ防止や、硬い麻の着物とかの場合の、袖口の肌へのスレ防止と…

手拭いで半衿

可愛い手拭いを買った。 これ、半衿に使うつもり。木綿の着物には問題なくマッチするでしょう。タイプ次第で紬でも。 手拭いのサイズは90x35、半衿用には対角線の若干バイアスに取りたい。でもかなり布が余るよね。それで、前から気になってた袖口の汚れ対策…

真綿絹紬の水通し

オークションで掴まされた真綿紬の反物。普段着なら使えるかと思ったけど、改めて見ると全体に茶ジミが浮いてかなり薄汚れている。仕立て前の処理は水通しだけじゃ物足りない。 絹が酸素系液体漂白剤使用可なのはもうテスト済みなので、今回の水通しもエマー…

ウール着物の背縫いは

紫のウール紬。 前日記事にしたように、型紙を作ったおかげでしるし付けが簡単! 一作目の前回に比べてスピード感が違う。この調子では、たとえ運針が出来なくとも一日で単衣着物が縫えるようになるのではという妄想まで抱き始める始末。 ところで、袖縫い→…

型紙作り

やさしい和裁の本によると、着物作りは反物に直接寸法を記入してゆくものらしい。 でも前回縫ったものでは、どういうわけかそれだとあちこちでズレが生じて修正に手間取った。 それで、型紙作った方が狂いが少ないのではと思い、型紙を作った。 和裁は直線だ…

三枚目はこれ

今日、美容院での待ち時間、スマホで着物の掲示板を読んでいたら、もう着たくて着たくてたまらなくなったしまった。 そこで、美容院終わって家に着くや否や、酒瓶に飛びつくアル中の如く服を脱ぎ散らかして、着付け! 伊勢木綿。これが三作目。初めて反物か…

二枚目はこれだった

一枚目の浴衣に続き、二枚目がこちら。 祖母がよく着ていたという麻の着物。縫ったのは、全く知らなかった事だけど、かつて和裁士をしていた叔母。 季節的にも着たくて、ただ汚れがひどかったので解いて念入りに洗ったものの古い汚れは綺麗にならない。 そこ…

涼しい和装小物を求めて

もうじき秋が来ようというのに遅いけれど、少しでも着物を快適に着るための涼しい小物には注意してる。 昨日ダイソーで見つけたこれ。 下はヘチマで、上は天然素材の壁掛け植木鉢!これ!なんか使えそう! ヤシかなんかの繊維だろうね。大きさもたっぷりある…

手縫い糸は絹?

水通しの済んだこの布に合う色の帰途を探しに手芸店へ。 私が学んだ本には、化繊以外は絹糸で縫うと書いてある。でも絹の手縫い糸は色の展開が少ないので、ついシャッペスパンのポリエステル手縫い糸を買ってしまう。 これって問題あるんだろうか。 生地は水…

ウール反物水通し

オークションで落札した激安ウール反物。激安の理由はかなり古い「難もの」だから。 埃っぽいし、古びた臭いがするから、仕立て前の水通しを兼ねて洗っちゃう。 バスタブにアクロン入れて、3時間放置後足でフミフミ。2回すすいで最後は消臭機能を期待してレ…

草履の調整をしてみる

デッドストックだったトカゲの草履、凄く窮屈だったので調整をしてみた。 昔、母がやってくれた方法を思い出して 裏蓋のピンをキリでこじ開け 中の麻紐?の結び目をヤットコを使って丁寧に緩め、表から緒を引いて数ミリだしてみた。 すると甲に渡る部分は格…

半襟付けはしつけテープで良いんじゃ?

まだ着付けも自信ない段階で半襟の心配は早過ぎるかもだけど、飾り半襟っていちいち縫い付けるのじゃなくって、お裁縫用のしつけ粘着テープでいいなじゃない? ユザワヤで見つけてふとそう思い、試してみた。こういうの。 しつけテープ(両面粘着テープ) 3mm…

事の始まりはこれだった

50年ほどぶりに浴衣というものを着てみようという気になり、どうせちょっと着るだけだからと手にしたメイドインチャイナ。 袖を通してみたものの、どうにもキマらない。 自分がうまく着られないせいだと思い、改めて浴衣の着付けを調べて再挑戦、やっぱりキ…