トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

着物から羽織にリメイク

着物を着るようになって、和装は上物まであってこそということがわかった。ところが羽織や道行などは流通量がとても少ないので、何とかせねばとショールを買ったりサイズを探したりと忙しい。同時に、羽織も作ってみることにした。

 

f:id:tokoton007:20170422105701j:image

元はこれ、いじり回してたのでシワがひどいけど。上前のど真ん中の刺繍が中途半端だし色も派手、絶対着物としては着ないのでリメイク素材で有効に使えればそれが絶対良い。そして羽織といっても未だに運針もおぼつかない腕前、少しでも簡単にできるよう、複数の古〜い資料など参考にオリジナルで、、、ホント、適当に、、(^_^;)

f:id:tokoton007:20170422110124j:image

できるかなー。

 

 

 

 

ワンタッチ着せ替え帯

着物のことを色々考えるうちのひとつに、ワンタッチでいろんな帯を付け替えることができるのではないかということ。作り帯で。

 

つまり、土台の作り帯に例えばマジックテープを縫い込んで、着せ替えとなる帯地にもマジックテープを仕込み、胴の部分、お太鼓の部分に巻いて付けるだけで別の帯になっちゃうという。

 

どこかで似たようなアイデアを見たことがある。それはスカーフを利用したもので、紐を使っていたと思う。まあ紐でも良いわ。紐のほうがマジックテープの厚みがなくてよいのかも。どちらにしても、好きな布地を使ってワンタッチで帯ができれば保管するにも省スペースで助かるし、オンリーワンの帯も作れるよね。うん、作りたい。作ろう。

 

・・・と言いながら、今現在は簡単な羽織の作り方を模索してる私。身体が3つくらい欲しいわあ。したいことが多すぎるー。

 

着物で外出 後ろ姿のお尻が気になる

本日の家着。先日ほぼバラして縫直してうっかり衿を短く切りすぎた紬(記事)。その点は悔やまれるけど、身体に気持ちよく馴染むのでつい袖を通してしまう。

f:id:tokoton007:20170416144951j:plain

帯は麻の半幅帯、ネットショップの画像でベージュと紺のリバーシブルと思って買ったのに、届いてみたらベージュではなく黄緑でびっくり!どうやら私のPCの色設定を昔いじったので自分の環境がおかしいらしい。まあ半額だったしどうせ普段使いだし、夏に黄緑も鮮やかでいいかな、、、と妥協。裾部分をちょこっと折り返して裏見せは、オシャレを演出しているつもり。

 

かように家の中ではほぼ着物で生活するようになったのだけど、なかなか外には来て出られない。今時和装の人がほぼ消滅しているのも大きな理由だけど、それに加えてお尻を隠したいという切実な思いがある。若ければともかく、いい年になって帯だけの姿で(帯付き、というらしい)出歩きたくない。

 

着物は体の線が出ない、と思っているとこれは間違い。特によそ行き度の高い生地(縮緬とか綸子とか)になると、下着の線はもちろん、お尻のぽってりとしたラインが艶めかしくも露骨に見え、歩くたびの両方のお尻のお肉がもっちりもっちりと動くのまでが見えてしまう。着物が全身を包み隠しているものだけに、この事は逆にものすごく目を引きエロティックにみえ、更には本人が若くないとなればこれはもう単にみっともなくて下品でしかないのであって(TдT) 女性のへそ出しとか尻見せとかの露出狂としか思えないファッションが巷に溢れる時代、着物でもそんな心配をしなくてはならないのは変だけど、でもそうなんだもの。

 

そこで本題。外に出るときは絶対に羽織モノが欲しい。冬はそれなりのものがあるから良いとして、今頃の春、更に初夏はどうすればよいの。かしこまったところには絽の羽織?お気楽にはレースのショール?ショールと言っても、かなり大判のショールでも肩に掛けると両腕に布地を引っ張られるからお尻までは隠せないのよ。正方形の大風呂敷を三角に折って羽織って、やっとお尻を隠せる感じ。一瞬、レースを自分で編もうかという考えが頭を過ぎったけど即、止めた。掛かる時間とうまく出来る可能性を考えると、およそ時間を無駄にする恐れが多いと読んだから。

 

後はジレとかよね、つまりはロングちゃんちゃんこ。袖ぐりが大きくて背中にゆとりがあれば洋服のジレだって着物に使えるはず。でも私の用途にふさわしい品をどこで見つければよいのやら。ジレの作り方って簡単らしいけど、洋裁出来ない。布地の選び方からしてわからない(TдT) 途方にくれております。いつになったら外に出られるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高額入札の恐怖

日常的にオークションを楽しんでいる。

で、先日のこと。

 

着物用のコートを入札した。いかにも〜な紬で見方によれば野良着のようで、別にすごく欲しいわけじゃなかったけど、あったら便利かな、という程度。珍しく裄があって、仮に足りなくても1センチくらいなら出せて体に合うだろうと、そんな感じ。

 

そんで限度3500円で入札してた。更新されれば別にもう良いわと思ってその後放置していたところ、終了時間が近づいて見てみると入札がかなり増えて5000円を越えている。へー、結構人気があるのね。野暮ったいのに意外だわ。

 

そんなふうに呑気に眺めてたら気がついた。「最高額で入札中」の表示が、、、!(◎_◎;)

 

な、なんで?何でだあ〜〜!!!

 

慌てて、入札ボタンをクリック。こうすると自分がいくらの限度額を入れてるかぎわかるのよね。それでやって見たところ、なななんと、35000円入れていたーーー!!!たかがゼロ1個、されどそれはとんでもないゼロ1個!

 

大変だ大変だ、このお品に執着した人が更に入札を続けて来たらどうしよう。35000円まで金額は上がり続けて、それを私が支払わされる!!

 

もう大慌てで最高額を変更しようとするのに、慌てているから入力間違えてしまったり。

 

結局、慌てている間に終了期間がすぎてしまって私は5600円でそれを手に入れることになった。3500円から大きくアップ(T_T)だけど、5000円台でライバルが諦めてくれたことを感謝しよう。

 

そのコートはまだ届いてないんだけど、実物見て落胆することが多いオークション、お品の状態が悪かった時は、勉強代だと思うことにする。あーもうこんなこと、二度と嫌だわあ。

 

長時間着付けてても痒くならなくなったわけ

前、長い時間着物着ていると帯回りが痒くなってたまらない、って話を書きました。

 

ところが今は、痒くならない!

 慣れた!!

 

・・・訳じゃなくて、それには理由があって、それは何かというと、、、、これ。

これ、ウエスト回りの補正具ね。私、お尻が大きすぎるせいで相対的にウエストがくびれているようになってるので、それを軽減させようと買ってみたもの。これをまず、肌着の上につける。直接肌につけると汚れるからね。そして、その上に裾除け、美容衿のウエスト紐、着物、着物の腰紐、、、ってやっていく。それらの全ての食い込みを、この柔和パッドがうまく吸収してくれるという訳なのじゃ!

 

その効果たるや絶大で、これをつけるまでは午後には痒くてたまらなくなって、着物を脱いだ後には必ず爪を立てて延々お腹周りをかきむしるという悪習慣?に悩まされていたのに、それがぴったりと止んでしまった!ありがたや。だってなんかもう、掻きすぎて肌に色素沈着が生じかけていたもの。

 

同じ悩みを持ってる人に、これはおすすめだわ。

 

 

帯巾って大事よね

毎日、着物を着ているのでさすがに最近はその状態に慣れてきた気がする。

 

とはいえ、着付けの感じは毎日違って、楽チンな時と動きが難しい時があったり、衿が緩すぎる時と首にあたって気になる時とかがあって、やっぱりまだまだナンだなーと思う。生まれたときから着物だけで生きてきていたらさすがにこんなことはないんだろうねえ。

 

ところで、帯というものは一見どれも形は同じ。半幅帯は別として。でも、同じ名古屋帯でも、締めた後から鏡で後ろ姿を確認した時になんとなく大きさが足りないというか、タレの横から自分のお尻の巾が出ててかっこ悪いと感じることがあって。歳を重ねるとお太鼓の大きさは小さくしたほうが好ましいということで、縦は小ぶりに結ぶようにしているのだけど、それとは別に横幅の問題。最初は私のお尻が大きすぎるのねと、そのように思っていたのだけど(それは間違いではないのだけど えへへ)名古屋帯にも微妙に巾の違いがあることを意識するようになった。

 

基本は30センチ、らしい。確かに手持ちのものはほぼ30センチ。だけどなんとなくそれらの帯では私のお尻や背中の巾に、物足りない気がするのよね。それで先日敢えて32センチ巾の帯をオクで落札してみた。もちろんとっても気に入って、それなりに競ってゲットしたのよ。で、届いて早速つけてみたところ、やっぱりこちらの方がしっくり来るみたいだ!

 

そうか~ 32センチの方があってるのかもしれない。それから注意してみると、オークションでウォッチリストに入れていた帯のうち、巾が28センチとかのものもあるのよね!びっくりしちゃった。そこに気づかず落札した場合、使えなくはもちろん無いけどせっかくのお気に入りも素敵には映らないかも知れないわ。

 

帯の縦幅はある程度の長さがあれば調節可能だけど巾はそういう訳にはいかないから。買うときは注意しないとね。

 

 

 

 

裾捌き改善用部分裏地付けてみた

前記事の裾捌き改善の件、やってみた。

 

 f:id:tokoton007:20170330161202j:image  

祖母の着物に付いていた超アンティーク八掛なのでみられたものではないけど、二度も洗ってあるし家着だし実験だからこれで良いのだ。

 

繋げて衽と前身頃部分をカバー。妻下と裾を解いて、裏地をはさんでくけてみた。脇もそうしたかったけど巾が足りず、厚い生地なので縫い付けちゃった。

 

果たして結果は?

 

ばっちり良い感じ!(^o^)

 

足捌き、大幅に改善!楽だわ〜。ウールには断然これ良いと思うわ。ぐるりとつければ更に腰もあったかいね。あと、裏地の継ぎは見えない方がいいけね^ ^

 

綿の着物でもこれでなんちゃって袷着物できそうだし、縫い代に挟まずに端から1、2ミリ控えて上から縫い付けるとより本物っぽく見えるに違いない。

 

何と言ってもバリバリ和裁上手なのが理想だけど、やり方を固執することなく手を抜き工夫して快適に着物を楽しむのも良いよね。