読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トコトン!

何でもトコトン。今はトコトン着物!

断熱対策 内窓を作る

前回記事のアルミパネル、楽天で注文したら納期未定で言われちゃって、まだ押入れのDIYは手付かずのまま。

 

待ってても仕方ないので、10年前から考えていた、洗面所の窓の二重化計画を大胆にも実行することに。

 

f:id:tokoton007:20170309023846j:image

 

こんな日も来ようかと、これまた10年前に買って置いた電動ドライバーセット。中国製の粗悪品だけど役に立つかもしれない。

 

材料は、木材は軽い桐、プレートはアクリルの予定が良いサイズがなく仕方なく塩ビに。あとはサンドペーパーと、ペンキと、連結金具と。

 

そして、、、一週間くらいかかった?全くの未経験者がやっとここまで作ったよ。

 

f:id:tokoton007:20170309024039j:image

 

一見まともだが、裏はなんと段ボールなのだ。それを両面テープでペタペタ貼り付けてるだけ。表の木も、桐はスカスカなんだね。ねじ釘の入りが弱くてグラグラで、ちゃんと固定できない。経験不足ゆえの失敗だわ。どのくらい使用に耐えるかかなり不安。

 

でもともかく、形にはなった。仕上げまでまだ細かいことがいろいろあるのだけど、今週中には完成させたい。だってせっかくの防寒対策なのに、早くしないと春になっちゃう!

 

 

DIYで押入れ・クローゼットのカビ結露対策を試みる

我が家、一昨年大規模リフォームをしたんだけど、あんまり良い業者じゃなかったこともあり不満なところがたくさん。今頃になって壁紙がぼこぼこ浮いてくるとかね。修繕も、すでに壁紙が廃盤で出来ないみたいなことを言うのよ。似たものをしても却って目立っておかしくなるって。

 

そりゃそうよね。面積が広いから全部を交換しろと言う強さもなく結局は泣き寝入りなのよ。元はと言えば、張替え前の下地処理がいい加減だったせいなのに。そんなこともあって、自分でできるリフォームは出来るだけ自分でするのが納得がいくものだとつくづく思った。

 

それで、いま不満に思っているところのうち何が自分の手に合うか、DIYの本を買ってじっくり考えてみた。下の本、DIYばりばりやってる女性がブログでおすすめしていた本で、初心者にもわかりやすくてなかなか勉強になる内容。

 

 ←Amazon

で、この中に押入れの結露対策が載ってたの。そうだ。私の部屋の作り付けクローゼットがいつも湿っぽくて、服やバッグがいくつカビになったことか。できるだけドアを開けておきたいけど、向かいのマンションから丸見えだし。除湿機を据えてみたけど24時間年がら年中かけっぱなしというわけにもこれまたいかないし。

 

以前リフォーム会社に相談した所、なんだか高い機能性タイルを張りましょうと言われたけれども、それは本来目に見える場所に使う結構高級な内装材。見えないクローゼットにどれだけお金をかけることになるのか、馬鹿らしいわ、、と思って止めたことがある。

 

しかし今回の本には、発泡スチロールのボードを張り詰めるだけと書かれてた。そうか!それでいいんだ!確かにこのクローゼットはほぼ2面が外壁コンクリートに接していて、その面を触ってみるとはっきり冷たい。この2面をスチロール材で覆うだけで違ってくるなら、そりゃぁやってみなければ。

 

資材はいろいろ検討したんだけど、結局一番扱いが楽そうで安いワイズ SX-001 アルミ湿気シャットパネルに決定!

 

昔はもっと大きなサイズもあったらしいけど今はこのタイプオンリーみたい。でもまあきっちり組み合わされるみたいだし、結構凸凹があるクローゼットなので、カッターで切り貼り?しながら工作が必要だしね、これで大丈夫だと思う。とりあえず10セット(30枚)注文。壁紙の上から貼るつもりで、強力両面テープで行けるんじゃないかと思ってる。駄目なら用途にあったボンドを買うわ。

 

 だけど一人での作業。クローゼットの中、物が溢れてるので(これも通気性が悪くなる原因のひとつだ)それをまず全て運び出すのが大変だ、、、あ~ ちょっと憂鬱~。でも10年来の悩み解決のためだもの。ちょいと頑張ろう。

 

 

 

バイオリズム低調

久々に図書館へ借りていた本を返しに行った翌日。

なんか体調わりー(というのが前回の記事を書いた日なんだけど)。なんで体調が悪いのか判らず、とにかく体を動かすのが億劫で、珍しく早く布団に入りたくなっていつもより随分早めに就寝。

 

翌日。だるさ強まり寒気が始まった。ああ、これは風だ。長いこと家に閉じこもっていたので、ウイルスに接する機会もなく、風邪ウイルスというものがこの世界の至る所に浮遊していることをすっかり忘れていた。そういえば、図書館でやたらと咳をする子供や老人が何人もうろつきまわっていた。あそこで感染ったんだな。子供なんか質が悪い。自分の具合がわるいことにも気付いていないらしく、大勢の人が集まる公共のスペースが面白くて仕方ないのかケホケホせきまくりながら(当然マスクなんかしていない)あちこち走り回っている。親も慣れたもので全く注意もしないし、子供にマスクをさせるわけもない。付けさせたところで、嫌がってすぐ取っちゃうかもしれない。

 

お年寄りは、これがまあ家にいるのもつまらないのだろうか、何十人というシニアがデスクやソファを殆ど占領して新聞や雑誌を広げている。圧倒的に男性が多い。退職して毎日時間を持て余し、家では奥さんに鬱陶しがられて居場所がないのか。或いは夫婦揃ってエアコン光熱費節約のため、特に夏と冬は外出して時間を潰すことにしているのか。まあ図書館て文化的学術的な場所であり、しずかに時間を過ごしている分には悪いことでは無いけど、風邪を引いてまで来るのはどうなのかと。お年寄りは特に免疫力が弱っているから風邪には注意なのに。

 

そんなウイルスがウヨウヨしている図書館で、まだ年寄りではないはずの私がかんたんに風邪に罹患してしまった。幸いインフルエンザではなかったようで熱はなし。やたら寒気と、更に翌日には喉の痛みと晴れ。身体と呼吸の粋苦しさが生じた。久しぶりの風というのに食欲だけは落ちることを知らないようで、親子丼やアンパンなどなんでも美味しい。ただ、だるくて寒い。

 

カイゲンをのみつつそんな日を3日過ごし、やっと治り始めたと思ったその日に今度は腰を肉離れが襲った。ちょっと身体の向きを斜めにした途端、腰のあたりがパキっとなったと思ったらじわじわと痛みが、、、。もう、やだわあ。。。

 

付け帯完成

付け帯完成。

 

 f:id:tokoton007:20170220183249j:image

 

名古屋帯の付け帯は初めてなので、ひと手順ずつ確認しながらゆっくり作業したのでかなり時間掛かった。出来てからのやり直しもあったりして。でもなんとか完成、安心した。

 

リメイクなので生地も完璧じゃないし普段使いにしかならないけど、色合い的に便利に使えそうな気がする。しっかり使おう!

 

こんな風に帯にするのっていいね。小さくて着られないけど素敵なリサイクル着物とか、見つけてどんどん帯に作り直したい。帯芯はもっとしっかりしたものの方が扱いやすいということもわかってきた。こうなると、オークションで物色する楽しみも一層増すわ。

 

さて、そう言いつつ、次は着物の作り直しが待ってるのよね。

 

 

 

つけ帯製作中

f:id:tokoton007:20170216233917j:image

知人のところからやって来た古い雨ゴート、かなりの汚れと白カビまで出ていて捨てるしかない、とゴミ用のビニール袋に入れてゴミ出しの日を待つばかりだったんだけど。

 

すごくいい生地で惚れ惚れするような見事な仕立ての代物、廃棄とは余りにもったいない。でもカビはなんともなあ、、と思いつつ、とりあえず3時間もかけて全て解いて、ハイベックで洗って見たの。

 

そしたら、カビ落ちた!

 

汚れは落ちきらなかったしヤケもあるけれど、柄が柄だからわかんない!それにずっと黒い帯が欲しかったんだ。そうだ、これで帯作っちゃおう!

 

帯は半巾を下手くそに作ったことがあるだけだから全く自信がないけれど、これは失敗したくないわ〜

 

てことで、二冊の本を参考に名古屋帯の作り帯に挑戦。今やっとお太鼓部分が出来たところ。芯の張り具合が難しいのよね。でも頑張るぞ!

 

東レ シルック 意外と静電気がすごくてビックリ

f:id:tokoton007:20170201235631j:plain

解いて久しいこのお召、ついに今日仕立て直しに取り掛かった。裏地は東レのシルック。

 

私としては洗える着物を作りたい。このお召も実はお召じゃないかもしれなくて、何しろお召は洗ったら縮むというのに縮まなかった代物だから。表地が洗えるなら裏地も当然洗えなきゃいけない。キュプラも選択肢の一つではあるけれど、厚みや手触りが満足の行くタイプがなくて、着物の裏地として実績のある東レのシルックの方が良いのではないかと思い、入手した。

 

シルックはポリエステルだけどシルクに肌触りを似せて作られていて、帯電防止効果、防カビ効果、防シミ効果、撥水撥油効果などとても優れている裏地なの。シルックの着物は化繊なのに何万円もしてしかも人気がある、いわゆる「ポリの洗える着物」とは全然違うものなの。

 

さてそのシルック、胴裏地と八掛、それぞれ表地同様に水通し。そしてアイロン掛け。およよ、ここで問題が発生。なんと、シルックがアイロン台にひっつく!静電気でまくり~!

 

なんだよシルック、静電気が起きないのじゃなかったの? ひどい静電気体質の私、昨日は洗い替えのポリエステルの裾除け付けてたんだけど、一日中脚にぴったりまとわりつかれてすごく気持ち悪かった。あんなのゴメンだから。

 

しかしシルック、このくっつきようは、、アイロン台から剥がすと今度は手にひっつきまくる。それでも気を取り直して裁断を試みるも、ホツレた糸とか、片っ端から手にひっついて離れようとしない。念のため、着物の表地と合わせて少しスリスリしてみたら、、、ああ、やぱり静電気起きちゃった。シルックの生地が、着物地に吸い寄せられていく。。使えないじゃん、、、。

 

ショック。ショックだ。シルックの同裏地、八掛、今後の分もかなり買い込んじゃったのに。。

==============

マイナスに帯電しやすい
塩化ビニル
ポリウレタン
アクリル
ポリエステル
ゴム

アセテート
皮膚


木綿

キュプラ
レーヨン
ウール
ナイロン
髪の毛
毛皮
人の手
空気

プラスに帯電しやすい

===============

いつも参考にしているこれ。

離れているほど静電気が起こりやすい。絹とシルック(ポリエステル)、離れてるもんね~いくら帯電防止加工されてるとしても、所詮ポリエステル、やっぱり起こるんだね。キュプラなら絹の隣。電気的に近いから静電気はかなり起きにくいはず。着物裏地としてはこれと思える種類がないし、裾とか擦れにどのくらい耐えられるか評判もきかないしなあ、、だけど、洗えるし、、、正絹の裏地じゃ上手く洗えそうにないし、、、

 

やっぱりキュプラしか無いよね。

 

ああ、また注文のための色合わせの問い合わせからやり直しだ。ネットショップではディスプレイの色見本の色が全く当てにならなくて、数点の切れ端を送ってもらったり、こちらから表地のハギレを送って色を合わせてもらったりととってもめんどくさい。この作業にまた何日掛かるかなあ。せっかくやる気になったのに。もう。

 

*買い溜めたシルックの胴裏、八掛は無駄になるかと思ったけれど、今後シルック表地の着物を縫う時に使うことにする!汚れても洗えるし、雨の日用にもシルックの着物は便利だって評判いいからね。いつか頑張って縫うわ。

 

 

 

着物のショーツに悩む

最近、裾除けだけで家着物している。股割れショーツで失敗してからと言うもの、あれを履く自信がなくて。湯文字も作ってみたもののいまいち付け心地が良くないし、背中にはめこむ手先の部分がボコボコして収まりが悪く、着姿にも影響するような気がするし。

 

裾除けだけでいると最初はなんかやっぱりかなりスース―する感じですごく不安だった。腰というエリアを布でぴったり覆っているのって気づかなかったけどすごく安心なことだったんだなと改めて思った。でも絶対見えたりすることはないし、お手洗いも簡単。まあこれでもいいや~と思っていたんだけど。。

 

やっぱり裾除けだけじゃマズイことが判明。まだ尿もれの心配はないのだけれど、やっぱりね、長時間座っていたりするとそれなりに汚れが付いてしまうこともあるのだ、ということが判ってしまった。ううう。日頃パンティライナーを愛用しているんだけど、和装でも使えればなあと思う。万が一にも薄い裾除けを通して着物まで汚れては一大事だもの。

 

それでまた今日は一日股割れショーツに再挑戦した。でもどうにも履き心地悪いんだよね。お手洗いのときも失敗しやしないかと緊張するし、パンティライナーもうまく装着できない。

 

ということで、この歳でついにローライズのショーツというものを試してみようという気になった。あれ絶対スタイル悪くなると思うんだけど(だからショーツは絶対深履き派)着物掲示板なんかで見るに、よくオススメされているからやっぱりいいのかなあ?ラインが響くのは駄目だから、後ろはレースになってるのがいいと思う。楽天で検索してみると、、、、

 

 

ひえ? こ、こんなおパンツなの、、、、?(@_@;)

無、無理、、、、。